時代の変わり目

毎年大阪で開催しているクリエイターイベントが11/4(月・祝)に開催!(※僕も登壇します!)
クリエイター200人祭り2019大阪 3年後の可能性を立証せよ!怪盗Wの挑戦状

こんにちはカッシーです。

先月実家に帰って家族で話す機会がありました。
大企業に勤める父や学生の弟、主婦の母と
久々に話をする機会があり、初めて家族で意見交換するような場をつくりました。
その時ふと思ったことをメモとしてブログに書きたいと思います。

(あまりまとまってなくてスミマセン><)

時代に合わせて変わっているもの

それは最近時代が変わってきているなというのを感じるということです。
ちょっと思いつくだけでも

テレビ→ネットへ
コンシューマーゲーム → ソーシャルゲーム
大企業 → 大企業が当てにならず、個人の活躍や中小企業が目立つように
終身雇用 → 転職が当たり前になり、リスク分散で副業なども盛んに。
生命保険や自動車保険→ネット保険など
車→カーシェアリング
大手航空会社→格安航空会社LCC
携帯→スマホ
本→電子書籍
正社員→派遣

ふと考えただけでも様々なものが変わりつつあるように感じられます。

不景気なんて勘違い?

戦後の時代があり、僕らの親の世代にあった
良い大学を卒業して、大企業に就職し、結婚して家庭を持って
マイホームを買ってみたいなことをよく言われていた時代がありました。

そして今はグローバル化が進み、
発展途上国と先進国の均衡化が進んでいる時代となりました。

多くの人は不景気だというけれども
発展途上国で景気が良い国だってもちろんあるわけであって、
ぼくらが不景気だと思っているのは、単純にグローバル化の均衡化による
自然の流れではないのかと思っています。

同じ事できる人が海外で何十分の一のお金でできるなら
そっちにお願いしちゃいますよね。

年収300万って低いなんて言われがちですが
世界中で見た時、それでも上位5%に入るようなお金持ちだそうですね。

幸せすぎる日本

それほど日本は幸せな環境なんだなーと思っています。
不況といったってテレビやネットにエアコンのある部屋に生活保護、充実した医療、
日本は凄い幸せすぎますね。

ただいつまで過去の良い時代の理想を追い求めているのかって話です。

昔は厳しい環境に耐えて我慢すれば昇進し、良い給料が貰えるなんて時代がありました。
でも今はどうなんでしょうか?

絶対安心といわれていた大企業の工場が閉鎖なんて
今では当たり前にあり得ることになってしまいました。

モチベーションは自分で見つけるものだ!なんて
大企業の経営者は社員に唱えたりします。

でも今はいかに従業員のモチベーションを上げれる環境を作れるかなどが
注目されるようになりました。

年寄りや今の社会を築いた大人たちより、
より厳しい現実に今の若い世代は徐々に気づきだし、
だからこそ諦めてニートになったり、逆に副業や起業などより生きていく術を身につけようとしていく
若い人が増えているんじゃないかなと思っています。

スピード感のあるネット業界

さて何が言いたいのかちょっとあやふやしているのですが、
僕のブログを見てくれている方の多くはクリエイターなど
インターネットに関連する仕事をしている方々が多いと思います。

僕はインターネットに関わっている仕事をしていたというのは
すごく幸運だったと思っています。

インターネットは時代こそ浅いものの、スピード感は凄まじい物があります。
新聞→テレビとメディアが変わったのと同じように
文字ばかりだったWebサイトが徐々に画像が増え、今や動画が手軽な時代になりました。

同じようにテキストサイトからブログ、そしてTwitterみたいに
より手軽かつ簡単なものが流行るようになって来ました。
インターネットとは一つの世界であり、世界の縮図として
参考になる情報がたくさんあるのではないかと考えています。

今後自分たちが生きるヒントを学ぶ場所ではないかと考えています。

本質を考える力を。

そして僕が伝えたい事は周りの世間体とか風潮とか
メディアの情報とかそういうのに惑わされず、自分の頭で考えて生きていく力を身につけなければならないなということです。

テレビがいうことをすべて信じてホイホイ納得していたら
インターネットに携わる人たちはそれは危険だと思うはずです。

そしてインターネットも情報が溢れすぎて何が正しいのか
判断するのにも力が問われるようなってきました。

今の若い人は将来の社会に希望を見いだせないと思います。
だからこそ真剣に今の社会を考えて将来どうしていくか考えるべきです。

どこか海外の日本人が多い場所に引っ越してもいいし、
無理に辛い仕事を続けるぐらいなら最低限の生活で
定時で上がれる仕事について、時間を自分のやりたいことに費やしてもいいと思います。

自分の人生をもっと真剣に考えて
今を生きるべきだと思います。

このように周りの雰囲気に合わせて生きていく時代は終わり、
世の中生きていくのに「本質」を考える力が必要になった。
と最近凄く感じるようになりました。

僕は所詮一人のWebクリエイターであって、
経済学者でも何でもないので説得力も皆無なんですが、
それでも生きていく上で「おかしいな」とか
「なぜこうじゃないんだろうか」って思うことが非常に増えていると
感じましたのでブログに書いてみました。

次なる新しい時代を生き抜くための力を身につけたいものですね。

毎年大阪で開催しているクリエイターイベントが11/4(月・祝)に開催!(※僕も登壇します!)
クリエイター200人祭り2019大阪 3年後の可能性を立証せよ!怪盗Wの挑戦状

この記事を書いた人

カッシー(樫本祐輝)

カッシー(樫本祐輝)

株式会社クリエイティブユニバース代表取締役。
クリエイターはもっと幸せになってもいいんだ!と「クリエイティブな人に幸せを」を理念に活動。

2017年に法人化。現在は事業戦略クリエイティブ・プロデューサーとしてコンサルや、クリエイター・フリーランスギルド「TheCreative」を主宰。大阪東京合わせて80人を超える。フリーランスカレッジ、クリエイター200人祭りなど主催。

twitterにて「#カッシーのフリーランス講座」というハッシュタグでフリーランス向けのノウハウ・お役立ち情報発信してます。クリエイター・フリーランス支援の独自の統計をもっていることを強みに発信しています。イベント・セミナー情報もTwitterが一番早いのでぜひフォローください!

クリエイターで独立・副業を目指す人へ

長年のフリーランス支援の知識を元にフリーランス向けのメディア「次世代フリーランス研究所(通称フリラボ)」を立ち上げました。