なにかあったときに超便利!Windowsで利用出来る便利オープンソースソフト14選

以前ですがZDNet Japanにこんな記事がありました。

Windowsで利用できる便利なオープンソースアプリケーション14選-ZDNet Japan
http://japan.zdnet.com/sp/10things/20426240/

こちらは海外の翻訳記事なんですが、もうちょっと敷居を下げた説明で
改めてこのブログに来てくださる方向けにアレンジして紹介したいと思います。

実際調べてみるとこんな便利なソフトがでてたのかーと驚くばかりです!
Macに対応してるソフトもそこそこありますよ!
それではいってみましょー!!

1.無料のオフィスソフト「LibreOffice」

恐らく何年もインターネットとかしてると一度は聞いたことがある「OpenOfficeOrg」
実はこのソフト今は「LibreOffice」として開発が続けられているのです! (簡単に言うとですが・・・)

詳しい経緯等はコチラをご覧になってください^^

wikipedia LibreOffice
http://ja.wikipedia.org/wiki/LibreOffice

これがあるとマイクロソフトOfficeソフトは必要ない!・・・ってわけには仕事上いきませんが、
何か急にOffice系のソフトをマイクロソフトOfficeがないPCで開かないといけないとか、
家でちょっと使うだけだからという人には非常に便利かと思います。
まぁGoogleドキュメントっていう方法もありますけどねw

現状問題はちゃんとした日本語版が無い点。
現状だとOpenOfficeOrgの日本語化されたものを利用するほうがベターかもしれませんが、
今後OpenOfficeOrgと合わせて注目のオープンソースソフトです。

LibreOffice
http://www.libreoffice.org/

2.無料のDTPツール「scribus」

QuarkXPressライクなDTP向けオープンソースソフトです。
こちらは嬉しいことに日本語化プロジェクトが動いていて、日本語で利用も可能です。

scribus プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_scribus/

最近では印刷会社でPDF入稿も受け付けてくれるところが多いので
どうしてもってときの代替品という感じです。

Linux用もあるので、 Linux系OSを普段使っている人にはちょっと自分の名刺やロゴを
作ってみようという人にはいいんではないでしょうか?w

Illustratorライクなソフトは追って登場しますので安心してくださいw

3.無料版Photoshopとして名高い「GIMP」

こちらは有名ですよねw
僕も高校生だったとき、GIMPにはお世話になりました。
雑誌に載っていたGIMPを見て興味を持って触ってました。

おかげでレイヤーやフィルタ、レイヤー効果といった概念を習得していたので、
専門学校でPhotoshopを 触りだした時はすんなり入れたので感謝しています。

久々にGIMPのサイトに行ってみると凄いバージョンアップしててびっくりしました!

インターフェースはグラフィカルになり、機能もとても無料とは思えないくらい進化していました。
最近ではどんな機能が追加されているかはこちらを見ると把握できます。

GIMP2.4の機能リリースノート(日本語)
http://www.geocities.co.jp/gimproject/gimp24/release-notes.html

GIMP2.6の機能リリースノート(日本語)
http://www.geocities.co.jp/gimproject/gimp26/release-notes.html

昔と違い書籍にフィルタにと情報も豊富であり、
Photoshopのブラシを利用することも可能なのでちょっと緊急でって時には十分利用できると思います。

GIMP2を使おう
http://www.geocities.co.jp/gimproject/gimp2.0.html

4.W3C標準かつSVG採用の無料版Illustrator「Inkscape」

GIMPがPhotoshopならこっちはIllustrator版。
しかも説明を見るとXMLやらSVGやらW3CやらなにやらWebで聞き慣れた単語が並んでいます。

Webサイトからの引用:
Inkscapeは、Adobe Illustrator、Corel Draw、Freehand、あるいはXara Xと同種の機能を持つ、オープンソースなベクターグラフィックエディタです。Inkscapeの他と違うところは、そのネイティブフォーマットに、XMLベースで、W3C標準で、そしてオープンなScalable Vector Graphics (SVG) を採用している点です。

Illustratorを持ってないプログラマーの方なんかが
SVGのグラフィックを作成し、HTML5などに組み込みたいといった場合に利用するには良いですね。

インストールして少し触ってみましたがインターフェースも
極力グラフィカルに改善されている印象を受けました。普通に日本語で利用できるも嬉しい点です。

inkscape svg html とかで検索すると簡単にHTMLへの組み込み方法がでてきまし、
GIMPやScribusと合わせて利用することでかなりまともな無料グラフィック環境を整えることができます。

5.無料で使える財務管理(会計)ソフト「GnuCash」

おおー!この手のソフトも無料があるんだー!と記事を読んでた時びっくりしましたw
Linuxで利用されるソフトとしては結構ポピュラーなようです。

GnuCashは個人の金銭管理や、家計簿等に利用できるのはもちろん、
円グラフや棒グラフで経過を見れたり、複数の異なる通貨を一元管理できたりとかなり本格的です。

またデータは基本XMLで保存されますが、データベースとの連携もできるようで
プログラマーさんにはいろいろと使い道があるのではないでしょうか。
ちょっと想像するだけでも夢広がりまくりですw

このソフトの特徴はコチラを見るとてっとり早いです。

GnuCash特徴
http://www.gnucash.org/features.phtml

ダウンロードはコチラ

GnuCashダウンロード
http://www.gnucash.org/download.phtml?lang=ja_JP

6.とりあえずほとんどの動画は再生できる「VLC media player」

このソフトも昔お世話になりましたw
そりゃーWindowsMediaPlayerが重たかったからですよww

通称VLCと呼ばれるこのmedia playerは日本で人気のGOMみたいに
とりあえずインストールしとけばほとんどの映像ファイルを見ることができるという対応コーデックを多さが魅力なソフトです。

本家のこの記事を書いてる時点の最新バージョンは「1.1.9」ですが
日本語化されたものは現在「1.0.5」のようです。
普通にインストールしたら日本語になってました(笑

VLC media player 公式サイト(英語)
http://www.videolan.org/vlc/

またUSBなどで利用出来るportable版もあり。

VLC Media Player Portable(英語)
http://portableapps.com/apps/music_video/vlc_portable/

7.説明不要なオープンソースブラウザ「Firefox」

ちょっとwebkitに押されてる気がしますが(個人的主観)
制作の時の確認はやはりFirefoxベースで進めるので今後とも応援したいブラウザですね!

Firefox
http://mozilla.jp/firefox/

8. グラフィカルかつ高速なメールクライアント「Claws Mail」

というような説明が元記事ではあったのですが、
現状日本語の情報はあまりない感じです。残念。

個人的にはフリーのメールクライアントといえば今のところ「Thunderbird」が主流なイメージですがどうなんでしょうかね?

最近はもっぱらGmailといったウェブメーラが主流でクライアントはブラウザなりスマートフォンなり
選ばない環境っていうのはできつつある気もしますが・・・

Thunderbird
http://mozilla.jp/thunderbird/

Claws Mail
http://www.claws-mail.org/

9.無料で仮想マシンを実現する「VirtualBox」

僕みたいなWebデザイナーにはWin7のWindowsXPMode(VirtualPC)で正直十分なのですが
プログラマーさんとかは環境をファイルにして、仮想環境立ててどこでも同じ環境で作業なんてことする人がいますね。

VMware(Web周りだとMac上でWin走らせるのに有名ですね)の購入を検討しているのであれば
一度こちらのVirtualBoxを試してみることをお勧めします。

VirtualBox
http://www.virtualbox.org/

ちなみにMacOSのライセンス違反にはなりますが、
日本でもVirtualBoxを利用してWindows上にMacOSを走らせるといったことも不可能ではないようです。
(ただ仕事上で使えるかは別です)

Windows上のVirtualBoxでMAC OS X を動かす
http://www.gimmickgeek.com/2010/11/02/windows%E4%B8%8A%E3%81%AEvirtualbox%E3%81%A7mac-os-x-%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99/

10.暗号化された仮想ディスク作成できる「TrueCrypt」

ファイルやドライブを暗号化して利用出来るツール。
機密ファイルや人にばれたくない様なファイルをTrueCryptで作ったディスクで使っておけば安全ですね(笑

このソフトは盗難にあったら困るノートパソコンのデータ保存領域なんかに利用すると良いと思います。

また実はこのソフトDropboxとかと合わせて使うことでよりセキュアなファイルの共有することができます。
誠Bizで紹介されてたのでこちらの記事をどーぞ。

“PCで仕事”を速くする:第21回 TrueCryptで、Dropboxをもっと“セキュア”に使う
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0901/19/news024.html

TrueCrypt
http://www.truecrypt.org/

11.電子書籍作成・管理ソフト「calibre」

海外と比べると日本はまだまだ電子書籍は流行っていないのですが、
このソフトはPC上で電子書籍を管理するソフトです。

eBookとの同期はもちろん、様々な形式に対応しており電子書籍を作成するもあります。
作成したepub形式のファイルはiPadのiBooksなどメジャーなソフトで閲覧も可能です。

RSSやInstapaperからepub形式など作成も可能なので
気に入った記事をどんどん電子書籍化してiBooksなどで見るみたいなことができます。

こちらの記事などが参考になります。

電子書籍の管理や作成『calibre』 - Macの手書き説明書
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-2875.html

英語の得意な人なら海外の著作権切れの名書など山ほどあるので
電子書籍満喫ライフを おくれますねw やはく日本でもメジャーになってほしいものです。

calibre
http://calibre-ebook.com/

12.音楽ファイルの切り貼りやエンコードなど一通りできるサウンド編集ソフト「Audacity」

無料のオーディオエディター。
結構有名なソフトなようです。 Audacityは
米lifehacker読者が感謝の意を表したいフリーソフト61選(2009年版) にも選ばれたソフトです。

音楽を編集・ミックスしたり、音量を均一にしたい、ノイズを除去したい、VSTプラグインに対応するなどいたりつくせりなサウンド編集ソフトです。

調べてみるとよくとりあえずいれておけなフリーソフトに選ばれることが多いようですね!

Audacity
http://audacity.sourceforge.net/

13.凄まじく数多くの種類に圧縮/解凍できるツール「PeaZip」

最初にこれをいれておけばまず困ることはほとんどない。

圧縮 / 解凍が可能なフル対応のものだけでも、7Z、7Z-sfx、ARC/WRC、BZ2/TBZ2、GZ/TGZ、PAQ/LPAQ、PEA、QUAD、split、TAR、UPX、ZIPと非常に豊富であり、
展開・抽出の形式はACE、ARJ、CAB、CHM、COMPOUND (MSI / DOC / XLS / PPT)、CPIO、ISO、Java (JAR / EAR / WAR)、Linux (DEB / PET/PUP / RPM / SLP)、LHA/LZH、NSIS、OOo、PAK/PK3/PK4、RAR、WIM、XPI、Z/TZ と山ほどある。

zipのパスワード設定や、メディアに応じたファイルの分割、ファイルの暗号化など
定番機能が一通り抑えられたツールです。

PeaZip
http://www.peazip.org/

14.非常駐型という特徴を持つアンチウイルスソフト「ClamWin」

サブ的な役割で利用するウイルス駆除ソフト
ウイルス情報の更新は非常に早く 信頼できます。

日本語の情報で調べるとわりとportableの情報が多く出てきました。
普段使ってないパソコンにたまに起動させてチェックなどの用途に向いています。

ちょっと古い記事ですがGigazineさんにportableのインストール手順の記事がありました。

インストール不要の無料アンチウイルスソフト「ClamWin Portable」
http://gigazine.net/news/20070725_clamwin_portable/

USBにいれておくソフトの1つとして非常におすすめですね!

ClamWin
http://www.clamwin.com/

以上Windowsで利用出来るオープンソースソフト紹介でした。
中にはMacやLinuxで利用出来るものもそこそこあるので気になったものはチェックしてみてください!

この記事を書いた人

カッシー(樫本祐輝)

カッシー(樫本祐輝)

株式会社クリエイティブユニバース代表取締役。
クリエイターはもっと幸せになってもいいんだ!と「クリエイティブな人に幸せを」を理念に活動。

2017年に法人化。現在は事業戦略クリエイティブ・プロデューサーとしてコンサルや、クリエイター・フリーランスギルド「TheCreative」を主宰。大阪東京合わせて80人を超える。フリーランスカレッジ、クリエイター200人祭りなど主催。

twitterにて「#カッシーのフリーランス講座」というハッシュタグでフリーランス向けのノウハウ・お役立ち情報発信してます。クリエイター・フリーランス支援の独自の統計をもっていることを強みに発信しています。イベント・セミナー情報もTwitterが一番早いのでぜひフォローください!

クリエイターで独立・副業を目指す人へ

長年のフリーランス支援の知識を元にフリーランス向けのメディア「次世代フリーランス研究所(通称フリラボ)」を立ち上げました。